So-net無料ブログ作成
検索選択

マツダ アテンザ 試乗 [モービル]

遅ればせながら
近所の多目的ホールでマツダの売出しがあったので乗ってきた。

デザインは言うことない。
特にセダンの斜め後ろから見たスタイルは素晴らしい。
残念ながら、富士重工のクルマは足元にも及ばない。
それにどのカラーでも似合っている。
個人的には、紺色かホワイトかな?

試乗コースが短いので乗ったのは2キロぐらいだけど、印象を。
シートに座った印象は「カッチリしてる」、外車度数が上がったように感じた。
高級な感じはしないけど、ちゃんと作っている雰囲気がある。

残念なのは、メーターの液晶がカラー画面でないこと。マイナーチェンジが待たれる。
オーディオやナビを取り付ける所の外周に、大きいボタンが追加されていて
押し辛い市販品の小さなボタンを助けるようになっていたのはナイスである。
どんな汎用品を付けても機能すれば、更にナイスだろう。

走り出してみる。
すぐにレーンキープアシストが「ピピッ」と警告音を出す。
駐車場出口の短い中央線でも反応するんだ。。。敏感だ。

道に出て、少しアクセルを多めに踏む。
ATは2000rpmぐらいでどんどんシフトアップする。
ガソリンエンジンの加給機付きとは明らかに違う。
鉄道のディーゼル機関車みたいな加速をする。
トルクが湧き出てきて、後ろからスッと押されている。
同じエンジンの以前試乗したCX-5よりパワフルに感じた。
(車重や、車高の違いか?)
すぐ言えない様なスピードになった。
今時珍しく、荒々しい感じがしてよろしい。

エンジンは荒々しくても楽しいが、足回りも同じなのはどうだろうか?
サスペンションのセッティングはもう少ししなやかさが欲しかった。
前より高級なセグメントになったのだから、考えて欲しい。

いつも世話になっている営業マンさんは買って欲しそうにしていたが
父親の希望もあり、買うのならレーダー類が付いてる最上級の
「XD-L」しかないが、このクラスでコミコミ400万円は高すぎる。。。
(昔風に言うと、カペラがセンティアの値段だし・・・)
それにマツダ車はマイナーチェンジして、もっと良くなるのは見えてるし。
(一緒に飾っていた現品処分のRX-8スピリットRは装備が充実しまくってたし。。。)

このモデルが終わる頃が我が家の購入タイミングか?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。